NISSAN SHIFT_the future

CARWINGS
CARWINGS-CASTING
ここでは、日産のテレマティクスサービス『CARWINGS』の情報チャンネルに対して情報提供をしたい方のために、CARWINGS-CASTINGの 仕様を説明します。 CARWINGS-CASTINGは、RSS2.0をコンテナとして、CARWINGS情報配信向けに拡張されたタグセットを用いることで CARWINGS対応端末に位置などの付加情報を配信する方法です。 [CARWINGS-CASTING技術情報 2007-05-19]

CARWINGS-CASTINGを含めたすべての対応コンテンツはこちら

改定履歴:
2008-03-10:

  • ブックマークできるコンテンツとしてKMLを追加。KML中の位置情報もカーナビゲーションの地図表示/目的地設定に連動する。
  • ブックマークできるコンテンツとしてATOMを追加。
目次:

CARWINGS-CASTINGでできること
CARWINGS-CASTINGでは、RSS2.0をベースとしたRSSフィードをCARWINGS対応端末に配信できます。 また、CARWINGSセンターから送信するパラメータ(車の現在位置など)に連動して動的にCARWINGS-CASTINGを生成することにより車の 状況に応じた情報配信が可能です。 例えば、クルマの現在位置を利用して、クルマの周辺の店舗情報を配信するといったことが可能になります。
さらに、CARWINGS-CASTINGに含まれる緯度経度情報は、CARWINGS対応ナビゲーションの目的地に設定できたり、同じく電話番号はハンズフリーで発呼できるなど、ドライブ中のユーザに適した情報配信が可能です。
CARWINGS-CASTINGのタグセット
CARWINGS-CASTINGに関連するRSSの標準タグおよび拡張タグについては以下の表を参照ください。

 

タグ名 channel item 説明
title RSS2.0標準タグ。
channelの場合はCARWINGSのチャンネル名。
itemの場合はCARWINGSのチャンネルの各アイテム名。
CARWINGS端末では、各アイテムの「詳細を見る」に表示される。 車載機には最大で60bytesまで送信できる。60bytesを超える部分は切り捨てられる。
carwings:readtitle
アイテムタイトルの読み上げ用テキスト。

これが省略された場合、CARWINGS端末での読み上げにはitemのtitleが用いられる。
CARWINGS端末での読み上げは自動音声合成なので、itemのtitleに読みづらい漢字や英単語、記号などを含む場合には、このcarwings:readtitleに正確な読みをカタカナまたはひらがなで記述した方がよい。
車載機には最大で60bytesまで送信できる。60bytesを超える部分は切り捨てられる。
description
RSS2.0標準タグ。アイテムの内容。
CARWINGS端末では、各アイテムの「詳細を見る」に表示される 車載機には最大で1000bytesまで送信できる。1000bytesを超える部分は切り捨てられる。
carwings:readtext
アイテムの内容の読み上げ用テキスト。

これが省略された場合、CARWINGS端末での読み上げにはdescriptionの内容が用いられる。
CARWINGS端末での読み上げは自動音声合成なので、descriptionに読みづらい漢字や英単語、記号などを含む場合には、このcarwings:readtextに正確な読みをカタカナまたはひらがなで記述した方がよい。

車載機には最大で1000bytesまで送信できる。1000bytesを超える部分は切り捨てられる。
carwings:itemimage
各アイテム毎に表示する画像のURLを指定。アイテム毎の画像として表示される。
<carwings:data>があるitemについてはそちらを優先。
画像は車載端末に合わせてサイズやクオリティが最適化される。
carwings:lat   CARWINGSに表示する位置情報の緯度。世界測地系(wgs84)で書式は度単位(yyy.yyy)。 channelに設定した場合は全アイテムにセット。カーナビと連動してカーナビの地図に表示したり目的地に設定できる。
carwings:lon   CARWINGSに表示する位置情報の経度。世界測地系(wgs84)で書式は度単位(xxx.xxx)。 channelに設定した場合は全アイテムにセット。カーナビと連動してカーナビの地図に表示したり目的地に設定できる。
georss:point   CARWINGSに表示する位置情報の緯度・経度。世界測地系(wgs84)で書式は度単位(xxx.xxx yyy.yyy)。 channelに設定した場合は全アイテムにセット。カーナビと連動してカーナビの地図に表示したり目的地に設定できる。carwings:lat,carwings:lonがある場合はそちらが優先する。
carwings:data
このタグの中に、<![CDATA[.....]]>で囲まれたHTMLを記述すると、その内容を画像に変換しCARWINGS端末に表示する。
なお、表示はCARWINGS端末の仕様(画面サイズなど)に依存する。
実際にどのように表されるかはこちらのエミュレーションサイトで確認できる。
現在利用可能なHTMLタグは以下の通り。

<body bgcolor="#RRGGBB | HTML Colors" background="url">
<img src="url">
<table border="0 | 1">
<tr align="left | center | right" valign="top | middle | bottom" bgcolor="#RRGGBB | HTML Colors">
<td align="left | center | right" valign="top | middle | bottom" bgcolor="#RRGGBB | HTML Colors" width="pixel" height="pixel">
<br>
<font color="#RRGGBB | HTML Colors" size="1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7">

carwings:tel   電話番号。channelに指定した場合は全アイテムにセット。
CARWINGS端末のハンズフリー機能と連動してそのまま発呼できる。
carwings:address     住所文字列。channelに指定した場合は全アイテムにセット。
carwings:mail     メールアドレス。channelに指定した場合は全アイテムにセット。
carwings:link   URLを指定すると、二次元バーコードが生成されCARWINGS端末に表示される。
channelに指定した場合は全アイテムにセット。
<image>や<carwings:itemimage><carwings:data>がある場合には、それらの画像と合成される。
CARWINGS端末の画面を通じて携帯向サイトに誘導したりクーポンを配布することに利用可
◎必須 ○省略可
CARWINGS-CASTINGの例
CARWINGS-CASTINGの記述例を以下に示します。ボールド表記されている部分がCARWINGS-CASTINGに固有の部分です。

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<rss version="2.0" xmlns:carwings="http://www.nissan.co.jp/dtd/carwings.dtd">
  <channel>
    <title>日産WEBサイト更新情報:NISSAN Topics</title>
    <link>http://rss.nissan.co.jp/</link>
    <description>日産自動車の最新情報をお届けします。</description>
    <language>ja</language>
    <copyright>Copyright NISSAN MOTOR CO.,LTD. 2005 All Rights Reserved.</copyright>
    <lastBuildDate>Wed, 25 Oct 2006 12:18:36 +0900</lastBuildDate>
    <docs>http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss</docs>
    <item>
    <title>エクストレイル X-TRAIL JAM情報更新</title>
    <carwings:readtitle>エクストレイル ジャム 情報更新</carwings:readtitle>
    <description>X-TRAIL JAM IN TOKYO DOMEのチケット一般発売開始!!</description>
    <carwings:readtext>エクストレイル ジャム 東京ドームのチケット、一般販売開始。</carwings:readtext>
    <carwings:itemimage>http://eplus.jp/sys/web/irg/2006x-trail/images/topmain.jpg</carwings:itemimage>
    <carwings:data><![CDATA[
    <body>エクストレイル<br><img src="http://lab.nissan-carwings.com/CWC/images/x-trail.jpg"></body>
    ]]>
    </carwings:data>
    <carwings:lat>35.70568</carwings:lat>
    <carwings:lon>139.75187</carwings:lon>
    <link>http://blog.nissan.co.jp/X-TRAIL/?rss</link>
    <guid>http://blog.nissan.co.jp/X-TRAIL/?rss</guid>
    <carwings:link>http://www.nissan.co.jp/EVENT/....../coupon.html</carwings:link>
    <category>コンテンツ</category>
    <pubDate>Mon, 16 Oct 2006 20:15:02 +0900</pubDate>
    </item>
  </channel>
</rss>
静的なCARWINGS-CASTINGを配信するには
コンテンツプロバイダは、CARWINGS-CASTINGのファイルを.rssまたは.rdfの拡張子でサイトに配置します。
下記に示す「ユーザがCARWINGS-CASTINGの配信を受けるには」の方法でユーザがこのファイルをブックマークするとCARWINGS対応端末で閲覧できます。
CARWINGS-CASTINGはRSSの拡張ですから通常のRSSリーダでも閲覧できます(もちろんCARWINGS-CASTING拡張部分は無視されます)。
一方、CARWINGS-CASTING向けに拡張されたRSSであることを示す意味で、通常のRSSロゴに代えてCARWINGS-CASTINGのように書いたりロゴを使ったりして CARWINGSへのブックマークを促すことができます。

注意)RSS をCGIで動的に生成している場合、CARWINGSセンターからブックマークされたCGIにリクエストを出す場合は指定されたURLに下記の「動的な RSSを配信するには」の項にあるパラメータが自動的に付加されます。 したがってあらかじめCGIが定義しているパラメータ名と下記のCARWINGSパラーメタ名が重複している場合はCGIが誤動作する場合がありますので ご注意ください。


<carwings:itemimage><carwings:link>を使った例


<carwings:lat,lon><carwings:tel>を使った例

動的なCARWINGS-CASTINGを配信するには
CARWINGS-CASTINGでは、CARWINGS端末からコンテンツプロバイダへのアクセスにおいて、CARWINGS端末で取得した車の情報を 付加します。 コンテンツプロバイダは、この情報に基づいて動的にCARWINGS-CASTINGを生成するCGIを配置することで車の状態に合わせた情報配信が可能 になります。
CARWINGセンターからはhttpのGET形式で以下のパラメータがCARWINGS-CASTINGコンテンツプロバイダ側に渡されます。


 

パラメータ名 説明
lat 世界測地系(WGS84)、度単位(yyy.yyy) (例)35.6675
lon 世界測地系(WGS84)、度単位(xxx.xxx) (例)139.7666
lat_dst カーナビに設定されている目的地の緯度 設定されていない場合は省略
lon_dst カーナビに設定されている目的地の経度 設定されていない場合は省略
lat_? カーナビに設定されている経由地1~5の緯度 経由地1の場合lat_1となる 設定されていない場合は省略
lon_? カーナビに設定されている経由地1~5の経度 経由地1の場合lon_1となる 設定されていない場合は省略
car_dir アクセス時の車両の進行方向の方位。東:0 → 北:90 → 西:180 → 南:270。0~360までの整数。
speed アクセス時の車両速度

例)http://www.nissan.co.jp/drivenavi.cgi?lat=35.6675&lon= 139.7666&lat_1=&lon_1=&lat_2=&lon_2=&lat_3=&lon_3=&lat_4=&lon_4=& lat_5=&lon_5=&lon_dst=&lat_dst=&lon_dst=&car_dir=71&speed=20

ResponseのMIMEタイプは「application/rss+xml」となります。

ユーザがCARWINGS-CASTINGの配信を受けるには
ユーザはCARWINGSのMyPage(ユーザ毎に開設されたページ)の設定ページにおいて、CARWINGSのお気に入りチャネルに任意のCARWINGS-CASTINGまたはRSSのURLを登録できます。
CARWINGS端末で該当のお気に入りチャンネルがアクセスされたときに、登録されているURLから情報を取得してCARWINGS端末に表示します。 登録時にはCARWINGS-CASTINGのURLが必要になりますので、配信側はCARWINGS-CASTINGのロゴなどでユーザがURLを取得 し易いようにします。
エミュレーション環境について
こちらのサイトで、準備したCARWINGS-CASTINGがCARWINGS端末でだいたいどのように見えるかのエミュレーションができます。
またこちらのサイトでは、<carwings:data>内に記述したHTMLがCARWINGS端末でだいたいどのような画像として見えるかをエミュレーションできます。
CARWINGS端末をお持ちの場合は、上記の「ユーザがCARWINGS-CASTINGの配信を受けるには」の方法に従って、実際に準備したCARWINGS-CASTINGのURLを登録してCARWINGS端末で確認できます。
CARWINGS端末での制限事項
通常のRSSリーダなどとは異なり、CARWINGS端末での閲覧には次のような制限があります。
  • 走 行中は合成音声による読み上げになります。音声合成機能はCARWINGS端末に内蔵されています(以下TTSエンジンと呼ぶ)。 TTSエンジンは正確に発音できない場合や読み間違えをする場合があります。特に絵文字や()などもそのまま読んでしまう場合があり、 読み上げることを前提としたデータでない場合は聞き取り辛くなりますのでご注意ください。また英語の読み上げはできません。
  • 画像の類は走行中は表示されません。
  • CARWINGS-CASTING中にはitemの数に制限はありませんが、実際にCARWINGS端末に送信されるのは最初の6件までです。
CARWINGS端末の仕様情報
CARWINGS端末には現在3つのモデルがあります。 表示画面サイズはモデル毎に以下のようになっています。
CARWINGS-CASTINGのコンテンツ(テキストや画像)はそれぞれの端末で表示可能なようにセンター側で最適化されますので、コンテンツプロバイダが特に気にかける必要はありません。
モデル画面サイズtype値
カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)450 × 270pixel2
カーウイングスナビゲーションシステム(DVD方式) 320 × 180pixel0
カーウイングスユニット(1DINタイプ) 320 × 96pixel1